Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

いつもお世話になってます。
すっかり、更新が滞ってしまってますが、ゲーム制作が山場の1つを迎えているので、ご容赦をお願いします。
出来るだけ1か月に1度は更新出来る様にしたいと思います。

主な作業として、シナリオ、キャラデザ、レベルデザイン等で、記事に出来る事がありませんでしたが、7月5日に、都内で行われた同人ゲーム制作勉強会に参加して来たので、これでお茶を濁そうと思います。
「吉里吉里でノベルゲーム以外を作ってみよう!」と言うテーマで、講演者もやらせて貰いました。

私の稚拙な講演は、置いておいて、交流会として見ると大変意義のあるものでした、モチベーション上がりますね。
みんな苦労してるなーとか、こう言う方向で活動してる人も居るのかなど、色々な事を知るきっかけとなったのも大きいです。

この手の勉強会は、企画・シナリオ・スクリプト(プログラマ)と言った方が多い印象でしたが、実際そんなタイプの人が多かったです。
絵師さんは、こう言った企画に参加するとモテモテになること必至です、ゲーム制作に興味がある絵師さんは、参加してみる事をお勧めします。
「趣味でイラストを描いている、同人ゲーム制作に興味があって参加しました」このフレーズで、多数の名刺をゲットできるはずです。

この様な勉強会に参加したのは、これで2回目ですが、同人制作仲間を得るには非常に意味があります。
ツイッター等でも、交流は可能ですが、やはり顔を合わせて話せるのは大きな違いです。
こうして出来た仲間に相談できるのも大きいですね。

実際、姫百合では(技術的な問題は)一切相談できませんでした。
その上、メンバー全員が未経験者だったので、セオリー知ってれば、全然違った部分も結構あります。


■ちょっと紹介

勉強会に、「声優劇団のくらじぇむ」さんが来ておりました。
声優と言う創作に対して、大変真摯な態度で、好感が持てました。
絵や声を頼むのは、相手の人格も重要な要素と思いますが、中々に信頼できるのかなと言う印象です。
自作ゲームに声を付けたくなったら、一考してみてはどうでしょう。

なんか、回し者の様な紹介ですが、私自身、潜水生活では声を付ける事は検討していません。その次の作品では
考えてますと言った状況なので、ご紹介程度と認識して下さい。

スポンサーサイト
2014.07.08 / Top↑