Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

お疲れ様です、長らく苦しんだキャラクターアニメーションの素体づくりも今回でいったん終了です。


■前回課題

前回課題となっていた、服の裾ですが、頂点変形だけで結構きれいに動かすことが出来ました。
服の裾アニメーション
裾を5分割して、それぞれ頂点変形で動かしています。
こう書くと面倒に思うでしょうが、マウスで頂点動かせるので、めっちゃ簡単でした。


■ここまででわかったテクニック

●分割やらなんやら
まず、肢体の分割ですが、腕3つ、足3つは必須です。
デフォルメだと、足を省きがちですが、やはり足首は動いた方がよいです。
また、テクニックとして、足首より下を連動させずに、地面に置いておく技があります。
詳しくは「追憶の青アニメーションテクニック」を見てください。
この動画はまじめにすごい情報です、キャラクターアニメーション作るなら1回は見ておきたいですね。
ただ、1つ疑問なのは、ここまでやっても3Dより手間がかからないのだろうか?

●オートアクション的なものを使え
スプライトスタジオに取り込む前は、こんな感じの画像になっています。
素体
Photoshopなどのファイル形式から、この画像を自動的に作る機能がありますが、分割した状態の方が作りやすい場合も結構あります。
私が使っているクリップスタジオのオートアクションのように、自動的に分割状態と合体状態に絵を移動できるようにしておくと便利です。









◆つぶつぶ主人公HP◆  ◆サンプルダウンロードの一覧◆
スポンサーサイト
2017.04.17 / Top↑
いつもお世話になっております。
最近、ハゲヌードとずっと戯れていた猫ダマシです。
そんな訳で、素体のブラッシュアップがそこそこ片付いたので、その歴史を書いてお茶を濁します。


■素体歴史館

素体のブラッシュアップ履歴はこんな感じです

これが以前上げたアタックアニメーションです
SOTAI_GIF.gif

こちらがブラッシュアップの歴史になります
素体の歴史

最後に服と髪をつけて「走らせて」みました
SOTAI_3_run.gif

どうでしょう、GIFなので少しキレが悪くなってますが、結構ちゃんと走ってませんか?
服がダサいのは、私が作ったので見逃して下さい。絵師さんの絵に合わせて作れば、きっとおしゃれになります。
大事なのは、服を着た状態で走れていることです。


■次の課題

次の課題として、エプロン系の問題があります
エプロン
上の画像のように、ファンタジーものだと、こんな感じのエプロン的な服をよく着ていると思います。
しかし、この状態でダッシュすると、足がエプロンを突き抜けてしまうのです。

一般的な方法として、エプロンの後ろしか足が動かない(エプロンが常に上にくる)だまし絵方式ですが
頂点変形で、どうにか頑張ってみます。









◆つぶつぶ主人公HP◆  ◆サンプルダウンロードの一覧◆
2017.04.13 / Top↑