Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

お世話になっております、つぶつぶ主人公の猫ダマシです

今更の告知ですが(まいどですね)、夏コミ受かりました。
11日(金)の東す18aです。

クーポンでめっちゃ安くなる、アマゾンのタブレットを買いましたので、前回動画を忘れた分を、2倍の画面で取り返します。
スポンサーサイト
2017.06.19 / Top↑
そんな訳で、前回に続き、Unityの実装を公開します。


ちなみに現在の状況はこんな感じです
Twitterに飛びます

相当量のスクリプトを書いたのに、見た目の印象はそんなに変わってないのがつらいですね。。。



■Unityの実装

・キャラクター
スプライトスタジオのアセットを使ってキャラクターオブジェクトを作成しています。

・移動
移動はiTweenアセットを使用。

・データ制御
データ周りはCSVをスクリプトで読み込み、スクリプトで更新してます。

・状態遷移
クリプトでほぼほぼ実装していますが、分かりやすさ向上のため、状態変化の部分はPlaymakerのアセットを使用しています。

・エフェクト
スプライトスタジオではなく、スプライトを使ってます。




■前回からの変更点

・キャラクターをデータに合わせて生成するようにしました。これによりいろいろなキャラを表示できます。
・エフェクトが付きました。
・ダメージ表現が付きました。
・武器に合わせ(剣だけだけど)踏み込む位置が可変になりました。



■エフェクト

前回、問題になっていたのは、スプライトスタジオのせいでした。
簡単に言うと、スプライトスタジオの提供しているViewは、スプライトスタジオのオブジェクトは、Z軸だけで表示できるものの、その他のオブジェクトは、このViewの後ろか前かしか表示できないようです。

そんな訳で、スプライトスタジオのQAを参考にした結果、こうなりました。
Viewの所
そう、すべてのキャラクターの上にViewを付ければ、その間にエフェクトを表示できる訳です。(※赤枠)
ちなみに、View間のソート順は、Sorting Groupで制御してます。(※青枠)



■赤丸

そして、気になる足下の赤丸ですが、こちらでダメージを受ける側の制御をしています。このまるが、対象まで移動したら、それをキーに対象がダメージエフェクトやらダメージ数値やらを出します。
赤丸解説

赤丸はiTweenで動かしてます。iTweenには移動が終了した後にプロシージャを呼べるので、それを使ったて、制御してます。
ちなみに、collisionは使ってません。

赤丸を移動させる理由として、遠隔攻撃と近接攻撃を同じロジックにできる(だろう)と判断した為です。








◆つぶつぶ主人公HP◆  ◆サンプルダウンロードの一覧◆
2017.06.11 / Top↑