Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

退院祝いに2作同時セールを行います
いつもの様に2日遅れでイベントに参加するこの感じ、ほめて下さい。
共に50%OFFです

RJ182409_img_main.jpg

RJ094432_img_main.jpg


スポンサーサイト
2018.04.18 / Top↑
ブログ用

そんな訳で、人生初の同人本を出します。
内容は、D&D5版のキャンペーン用シナリオです。

もちろん、キャンペーンの設定を切り取れば、単発シナリオとしても遊べる作りにする予定です。

コンセプトは、めんどくないシナリオ集です
・すべての遭遇でマップを付ける
・敵データなどは、本書に入れる
・1/2遮蔽や魔法などは、なるべくデータを掲載する

マップは、コンビニでA3カラー印刷することで即使える感じにします。
コマとサイコロさえあれば、後はいきなりキャンペーン開始可能という訳です。
2018.04.03 / Top↑
この記事を書く理由の半分は愚痴です。
手術したは良いが、良くなるどころか悪くなっている現状を何かしら形にすることで、気を紛らわせようとしています。
とはいえ、いろいろな診断を経て、思いもよらない原因にたどり着いたので、長らく腰痛に苦しんでる人には、何かしらの意味があるかもと思います。

私の腰痛歴は長く、10年以上になります。
最初は仕事が忙しく、長く椅子に座っていたためだと思っていました。
この時、会社近くの医者で診断したところ、「ヘルニア」と診断されました。
今思うと、レントゲン1つとらず、「ヘルニア」と診断したあの医者は、そうとうヤブだったのかも知れません。

恐らくですが、このころから、脊椎の腫瘍はあったのでしょう。
つまり、あいつは10年以上かけてスクスクと育った訳です。


そして、月日はながれ、前年8月ごろから、まったく座れない程の腰痛になりました。
主な症状は、以下3つになります。

・腰の左右(特に左)に筋肉痛を強くしたような痛み。これをかばうのか、座っているとお腹も痛くなる。

・足の付け根に強烈な灼熱感、ひどくなると太腿にも強い灼熱感、手足の痺れ

・お尻の奥に強い引きちぎれるような痛み

これらの症状は、常時発動型でしたが、座るとさらに強くなるという特徴を備えていました。

次回は、長い誤診時代をかきます。
2018.04.03 / Top↑