Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

そんなこんなで、Unityに取り込んで、簡単なバトルシーンの元ネタを作成しました。
ツイッターには結構前に公開しましたが、その後、エフェクト関連で轟沈し、ここから進んでない状況です。

今回はUnityでの実装を公開していこうと思います。
かなり独学なので、お手本というより、「へー、こんな感じで作ってるんだ」的な目線で見て頂けると嬉しいです。
逆にいえば、四苦八苦してる部分も公開していこうと思います。

ちなみに現在の状況はこんな感じです
Twitterに飛びます



■Unityの実装

・キャラクター
スプライトスタジオのアセットを使ってキャラクターオブジェクトを作成しています。

・移動
移動はiTweenアセットを使用。

・データ制御
データ周りはCSVをスクリプトで読み込み、スクリプトで更新してます。

・状態遷移
クリプトでほぼほぼ実装していますが、分かりやすさ向上のため、状態変化の部分はPlaymakerのアセットを使用しています。



■キャラクター制御

スプライトスタジオで制作したキャラクターは、簡単に取り込み、動かすことが出来ました。
実際、サンプルのソースを改造するだけで、30分後には好きなアニメーションを表示する事ができました。

ユニットコントロール解説
スプライトスタジオが生成してくれたプレハブに、このように【Unit Control】 というスクリプトを付けて制御しています。


バトルマネージャー解説
このプレハブは、【BattleMgr】オブジェクトにアタッチされている【UnitMgr】というスクリプト上の情報を見て自身(キャラクター)を動かします。

【UnitMgr】は、戦闘の「状態」に応じて、各キャラクターの情報を操作します。
現在動くべきキャラクター、攻撃対象などを選別し、各キャラクターの情報を変更します。
その変更を受け、各キャラクターの【Unit Control】 が移動やアニメーションを行う訳です。
移動やアニメーションが終了したら、【Unit Control】【UnitMgr】に終了した旨を返します。



■エフェクト

Unityは、エフェクトのアセットも多く、これといって苦労しないと思っていました。
しかし、パーティクルとスプライトスタジオのキャラクターとで、うまく表示順序を制御できない事態となっています。
具体的には、タテに3人ならんだキャラクターの真ん中にだけエフェクトを出したいと行った事が上手くできないのです。

もう少し頑張って難しいようならば、割り切ってエフェクトをスプライトにしようと思います。








◆つぶつぶ主人公HP◆  ◆サンプルダウンロードの一覧◆
スポンサーサイト
2017.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/153-ea974f81