Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

今回はスキルの成長について設計する。仕事がかなり忙しくなってきて、進捗が悪い。


///スキルの成長とは
作成するゲームでは、スキルの成長は、「成長」と「取得」に分けて考える。
1.スキルの成長
 既に持っているスキルを成長させる。Lv1の攻撃スキルをLv2にするとかのイメージ。

2.スキルの取得
 条件が揃った場合、全く新しいスキルが取得出来る。

既存のゲームシステムで言うと、AのスキルをBのスキルにパワーアップが「成長」。
AのスキルがLv5でBのスキルがLv2以上ならCのスキルが取れるが、「取得」になる。

///スキルの「成長」
今回は、スキルのパワーアップについて設計する。
スキルのパワーアップは、以下のデータ構造で実現する。
■スキルのパワーアップ概念
成長概念

上の図では、Aと言うスキルがBまたはCにパワーアップ出来る図を表している。
下の図は、そのデータ構造で、各スキルに「成長前のスキル」の情報が付いている。これによって、Aのスキルを成長させる場合、全てのデータから成長前がAのスキルを取得すれば、成長後の一覧を得られる。
このデータ構造は、1対多の成長で進化を発揮する。
■成長後のスキルを増やす
成長先を増やす
この様に、成長後のスキルが増えてもデータ構造(項目数など)に変化がなく、データの持ち方を変える必要がない。


///スキルの「取得」
スキルの新規取得について設計する。取得条件については、「キャラのレベル」と「既に持っているスキル2つ」とする。
■スキルの取得概念
取得
上の図が、新規取得の図。下の図が、そのデータ構造。まあ、レベルと既存スキルが合致していればOKと言う簡単な物。




今日はここまで、しかしすすまねえ。完成遠いよ。

スポンサーサイト
2009.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/43-23130c38