Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

まずは脱出ゲームの仕様を考えてみましょう。
脱出ゲームはフラッシュ製のゲームが有名で、脱出ゲームでググればかなりの数が出てきます。
今回は、このフラッシュゲームを参考にして、仕様を考えてみます。

■脱出ゲームとは


吉里吉里の得意なノベルゲームとの差を意識して、脱出ゲームの仕様を考えてみましょう。

①画面の何処かを押すと場面が切り替わる
 例えば、タンスをクリックすると近づいた絵になったり、トイレの扉を押すとトイレに入ったりします。
 吉里吉里的な表現でいうと、背景が切り替わっている訳です。
 この機能は、じゃんけんゲームと全く同じですね。適当なボタンをクリックしたら、別のラベルに飛べば解決出来そうです。

②アイテムが拾える
 背景にあるアイテムをクリックするとそれを拾う事が出来ます。
 ここで必要なのは、拾ったアイテムが背景からは消えて、アイテムウィンドウとかに表示される事です。

③アイテムを使用して問題を解決出来る
 脱出ゲームのだいご味ですね。拾ったアイテムを特定の場所で使用する事で、ゴールを目指せる訳です。
 ここで重要なのは、特定アイテムを使用してない場合と使用した場合で動作が変わる事です。


■脱出ゲームの仕様を考える


上で出した①~③の条件を満たしたゲームを考えてみましょう。

まず、2部屋あるイメージとします、仮にAルームBルームとしましょう。
2つの部屋に「ドアボタン」を配置して、双方に行き来できる様にします、これで①を満たす事が出来ますね。

次いで、Bルームには、拾えるアイテムとして、「」と「ボール」を配置します。
」と「ボール」は拾った場合、アイテムウィンドウに表示されます。これで②を満たす訳です。

更にAルームには「鍵穴」を配置します。アイテムウィンドウで「」を選択した状態で鍵穴をクリックした場合、ゲームクリアとします。
これが③に当たる訳です。

■次回
ここで考えた脱出ゲームをアップします。
今回は仕様そのままにアップ予定です、これで私が世に出したゲームは2つ目になりますね(笑)




◆つぶつぶ主人公HP◆
スポンサーサイト
2012.04.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/55-19763f4f