Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

11月4日にインディーズゲーム勉強会に参加して来ました。
詳しい項目はこちらとなっています。

今回は、こういった勉強会に興味がある人向けに、プレゼン内容と、参加して見た感想を書いてみます。
どんな物だったか、感触が伝われば良いのですが。


■プレゼン内容

全部で3つのプレゼンがあり、約30分と言う時間ながら、どのプレゼンもレベルの高い内容となっていました。

1.「ゼロから始めるノベルゲーム作成のススメ」
 最も期待して行ったプレゼンです。
 ノベルゲームとしてのノウハウというよりも、ゲーム制作のノウハウとして纏められた内容で、外注やメンバーとの付き合い方、お金の管理方法、スケジュールの立て方と、基本ながら重要な点を分かりやすく抑えています。
 資料はここで公開されております。

2.「ゲームプログラミングって難しくて孤独だよな?な? ~とあるゲームエンジン『AEn』の挑戦~」
 今だから書きますが、最も期待していなかったプレゼンです。
 昨今、ゲーム作成ツールは結構な数が出ており、今更、個人製作のツールなんて……というのが本音でした。
 しかしながら、プレゼンターによって公開されたツールの出来は、そういった概念を覆すものでした。
 デバックのし易さと、コーディングの進捗を他メンバーにも分かりやすく視覚化する事に配慮されたツールであり、大変優れたツールです。
 正直、今からゲーム作成を始める方は、検討の余地ありです。
 ツールはここで公開されています。

 印象としては、同人制作に最適化されたツールというイメージです。プログラムの知識がない人への可読性にも考慮され、デバックやゲームバランス調整のし易さを意識された設計となっています。
 プラットフォームこそWindows環境のみですが、DirectXが使用できる日本語ののツールである点も強みでしょうか。
 ゲーム用のテンプレートがいくつか用意されている為、コーディングの手間が少ない点も魅力的です。

3.ゲームデザイン最前線! ゲームUIの構築テクニック(仮)
 UI系のデザインの要所を押さえた素晴らしいプレゼンでした。
 UIの見た目や配置について意味や効果を理論的に解説して頂きました。
 普段ゲームに触れる機会が多いゆえに、経験則として実践してる方は居ても、論理として理解して行ってる人は殆ど居ないのではないでしょうか。
 プレゼンで使用された資料を公開予定との事ですので、公開されたらこちらでも紹介しようと思います。
 もし、公開されないなら、このサイトで纏めてみようと思います。


■参加して見て

勉強会というよりも交流会と言ったイメージです。
実際、主催者も交流会として開催している様でした。

参加したメンバーも色々な方がおり、専業同人の方、これから同人を作ってみようと思ってる方、主に同人に助っ人的に関わっている方、プロとしてゲーム制作に携わる方と幅広いです。。
やってみて分かったのですが、同人ゲームの制作というのは、非常に孤独な物で、こういった形で同士と知り合いになるのは色々な意味で価値があるかと思います。





◆つぶつぶ主人公HP◆
スポンサーサイト
2012.11.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/76-7ce87783