Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

今回は、そのまま利用可能なプラグインの公開です。
通常のノベルゲームやアドベンチャーゲームを作る際にも簡単に使用出来ます。
といっても、TJSに挑戦!さんで公開されている選択肢プラグインをちょこっと改修してるだけです。

その名もペルソナ風選択肢です。
取り敢えず、いつもの様に単体で動くサンプルを作ってみました。
◆ダウンロード◆

■ペルソナ風選択肢の機能

簡単に言うと、変数の値が、ある一定値に達していない場合、特定ラベルに飛ぶと言うものです。
いつもの様にサンプルを付けていますので、そちらを踏まえて紹介します。
選択肢1
まず、勇気の値を選びます。
勇気1を選択。

選択肢2
次に必要勇気に応じたボタンが出てきますね。
ここで、勇気2が必要な選択肢を選ぶと・・・

選択肢3
こんな感じで、ミスラベルに飛びます。


今度は最初の選択肢で勇気2を選択。
同じ選択肢を選ぶと・・・
選択肢4
今度は上手く行きました。


■ペルソナ風選択肢の使い方

下の方法で選択肢を設定出来ます。

[blink text="勇気2が必要です" target=*yuuki_tarita desired=2 score=&tf.勇気]

desiredに設定しているのが目標値です。
scoreに設定しているのが実際の値となります。この場合は勇気ですね。

勇気が2以上あれば、*yuuki_taritaラベルに飛びます。
もし、2未満の場合は、*yuuki_tarita_missラベルに飛びます。
つまり、targetで指定したラベル名に_missを付けたラベルに飛ぶ訳です。

更に追加要素として、整列用の機能も付けています。
[blink_pos left=50 top=250 sukima=5]

これは一番上の選択肢の位置と、選択肢同士の隙間のサイズを指定すると、上から順に並べてくれるマクロです。
選択肢の画像サイズが変わっても、自動的に計算してくれますので、仮画像からの変更も余裕。





◆つぶつぶ主人公HP◆
スポンサーサイト
2012.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/78-3cd548b3