Unityと吉里吉里でSLGとかRPGを作るブログ

今まで作って来た物は、全てTJSで出来ている。KAGスクリプトは、トランジションとクリッカブルマップしか使っていない。
実際、KAGプラグインを使用すれば、KAGで出来る事は全てTJSで制御出来る。
しかし、ノベルやADVである様なキャラクターの会話シーンなどは、断然KAGスクリプトを使用した方が楽である。今回は、KAGスクリプトの設計を行う。



//ファイルの相関図
まず、通常のノベルゲームと違って、各イベントはMAP画面から起動される。
連続したイベント処理が無い上、かなりの数のフラグによって起こる(起こせる)イベントを制御する必要がある。

■ファイル相関図
KAGスクリプト相関図

first.ksで、TJSプラグインを全て読み込む。これによってゲーム中のロードが高速で処理出来る。
起動時に若干遅くなるかも知れないが、前回のテストで見た限り、影響は無いに等しい。

ターン製ゲームの予定なので、strategy.ksでは主にターンから戻った時の処理を実行する。
そして、クリッカブルマップにて、エリア番号に合ったareaXXX.ksに飛び、各種のフラグをTJSより取得して、イベント用の選択肢を出す。



///オブジェクトとファイルの相関図
TJSオブジェクトとそれが記載されたファイルとの相関図も作っておく、これはファイル数が多くなると非常に助かるので、前にフリーツールを作った時も良く作成したもの。

■TJSオブジェクトとファイルの相関図
オブジェクトとファイル相関図




考えてみれば、日曜日は必ず予定があるんだった。正直、平日の方が進む気配。これはテスト前の部屋掃除現象と同じだな。

次回こそは、建物を建て替えれる様にする。
スポンサーサイト
2009.01.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nekodamasi.blog79.fc2.com/tb.php/9-815aaa95